薬物疑惑「超人気若手イケメン俳優」「オシャレな超大物」「漫才コンビ」宮迫動画で“実名生トーク”の衝撃!

 11月25日、雨上がり決死隊・宮迫博之が自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」で配信した動画「芸能界のドラッグ事情について専門家と語りあったらほぼ放送事故【クスリ】」が物議を醸している。

【あわせて読みたい】「薬物疑惑芸能人リスト」に実名掲載された「沢尻の次」40人!

「芸能界の裏問題にメスを入れる回にしたい」

 この回のゲストは裏社会ライターの花田庚彦氏。冒頭に「芸能界の裏問題にメスを入れる回にしたい」と宮迫が語った通り、芸能界の暗部が浮き彫りとなる衝撃的な内容となった。

「僕らが若手のときでいうと衝撃的だったのが田代さん」として、これまで4度逮捕されている田代まさしの薬物事件を振り返った宮迫。

 2001年、田代が最初に逮捕される直前に番組の地方ロケで同行した際、ロケバスで田代は手が震えていたものの「トイレに行くと震えがピタッと止まっていた」と明かした。

 こうして始まった同動画。その後は放送不可能な実名が飛び交ったため「ピー音」だらけのトークが繰り広げられることに。

「イケメンでチャラチャラしていた漫才コンビ」の薬物疑惑

 過去に漫才で活躍したお笑いコンビの名前(ピー音)を挙げ「あの時めちゃくちゃ薬やってましたよ」と花田氏。二人とも「クラブで女の子ひっかけてコカインやったり大麻やったりしてめちゃくちゃ評判悪かったですよ」と明かした。

 この発言に宮迫は「僕が元いた事務所(吉本興業)の人ではない」「当時は二人ともイケメンでチャラチャラしてましたから」と、たいして意外ではないという反応。

「気さくでオシャレとかセンスがある超大物芸能人」が売人と接触

 さらに花田氏は「超某大物芸能人」について「覚醒剤をやっている」「売人と接触しているのを麻薬取締官(マトリ)に何回も見られている」と証言。「これはリアクションがしにくいな」と宮迫を狼狽させた。

 宮迫によればその超大物芸能人は「気さくな先輩」で「すごいオシャレとかセンスがある」人物。花田氏は「何か集中する時にやってるんだな」と芸術家的な活動をしている人物であることを示唆した。

【関連記事】大物ミュージシャンK「ガサ入れ」報道 「正体まるわかり」の背景とは

「超人気若手イケメン俳優」「友人ボーカル」にも大麻疑惑

 最新の事情として花田氏が明かしたのが「超人気若手イケメン俳優」の大麻疑惑。その人物の友人である人気バンドのボーカルも「ガサ入れを2回くらっている」という。

「警察のほうは『ボーカル(ピー音)』を捕まえて『イケメン俳優(ピー音)』にいこうかと考えている」と「超人気若手イケメン俳優」も捜査の対象になっていることを明かした。

 ピー音に隠されながらも語られた薬物疑惑芸能人たちの実名。いまだ芸能界の薬物汚染が深刻であることを痛感させられる動画となった。

(芝原麻友子)

Googleニュースで配信中
Re:GEINOUはGoogleニュースに記事を配信しています。フォローしていただくと、ブラウザ版、アプリ版のGoogleニュースから記事がご覧いただけます。