宮地佑紀生「ささいなことで逮捕された」暴言にラジオ関係者激怒!
出典:宮地佑紀生公式サイト

 2016年6月27日午後2時55分過ぎ、名古屋のラジオ局・東海ラジオ放送のスタジオで芸能史に残る大事件が発生した。地元で人気のパーソナリティとして知られた宮地佑紀生が、自身の冠番組である「宮地佑紀生の聞いてみや〜ち」の生放送中にアシスタントの神野三枝を暴行。全治10日間の怪我を負わせ、逮捕されたのである。

 衝撃的な同事件が発生したのはリスナーからのメッセージを紹介するコーナー。当日の音声をもとに振り返ってみよう。

神野:松山千春さんからの長靴、当選者の方からお礼のお葉書を頂いておりましてご紹介ですが、たれぞうママさん、三重県にお住まいの方で桑名の方ですが「いつも楽しい放送ありがとうございます。今日東海ラジオさんにお邪魔して『ちい様の長靴』を頂きました。そうです、私が当選したんです。
宮地:おめでとうございます。
神野:「長靴はうちの床の間に飾ってあります」
宮地:すごいね。
神野:「どんな大雨が降ろうと、この靴を履くことはないでしょう」
宮地:他の方も来て取りにみえた方。
神野:そしてお土産も頂きました。たれぞうママさんありがとうございます。

 この後「松山千春の長靴」が当選したリスナーからの喜びの声を読み上げただけの神野に対して、宮地の怒りが爆発する。

神野:それからこちらはですね。(※宮地、マイクで殴る)痛い、痛い、え、なに?なんですか?プレゼントを頂いた方のご紹介じゃないんです?あ、そうなんですか?あ、コラボ写真、あれ?(※宮地、膝を蹴る)
宮地:いや、だから頂いた人のやつ頂きゃええがね。
神野:そうですよ。名前ここに書いてあるので。かっちゃんからお礼頂いたのでありがとうございました。それからこちらがですね、たれぞうママさんからも頂いております。ありがとうございます。いまのはプレゼントを取りに来てくださった方からのお礼のお菓子をご紹介させていただきました。(※宮地、マイクで殴る)
神野:えっ、なんです?ごめんなさい。えっ。

 聞くところ何の落ち度もない神野への暴行に及んだ宮地だが、一体、彼は何が気に食わなかったのか。

「局までプレゼントを取りに来てくれたリスナーから『お礼のお菓子を貰ったこと』を明かしたことに立腹したそうです」と明かすのはラジオを中心に活動する構成作家だ。

「宮地としては、貰ったお菓子を『ワイロ』のように捉えられることを嫌ったのでしょうが、そんな些末なことで彼女を殴る蹴るするなんて異常としか言いようがない。実は事件以前から『いつか宮地は放送中に“やらかす”のではないか』と専らの評判だったんですよ」

 どのような評判が語られていたのか――
「ブチ切れて神野さんを殴ってしまうのではという、そのまんまの危惧です。元々、宮地の『キレ癖』は何年も前から有名だった。番組の打ち合わせでも声を荒げたり、机を蹴ったりは日常茶飯事。神野さん本人も『番組に出るのが怖い』とスタッフに相談していましたからね」(同構成作家)

 神野への暴行で逮捕された宮地だが、事件から2年3か月後となる2018年10月1日、同じく名古屋のラジオ局であるCBCラジオ「〜ともだちラジオ〜本音でゴメン!!」で“現場復帰”。

 現在の宮地について「事件を振り返って『ささいなことで逮捕された』とイベントで語るなど反省が見られない。名古屋のラジオ業界ではいまも彼に憤っている人間は多いですよ」と明かす同構成作家は「私も彼とは金輪際仕事をしないことに決めています」と断言する。

 事件で失った信頼は果てしなく大きい。