3月26日に死去した“ショーケン”こと俳優・萩原健一の代表作「傷だらけの天使」が4月9日に地上波で再放送される。1974年10月から1975年3月まで土曜午後10時から放送され、萩原の代表作となった同作を再放送するのは「映画天国」枠。

同局によれば、この日の「映画天国」は第一話「宝石泥棒に子守唄を」と最終回「祭りのあとにさすらいの日々を」をピックアップして午前1時59分から放送。第一話は映画「仁義なき戦い」で知られる深作欣二監督による作品となる。

「傷だらけの天使」の放送決定により、差し替えとなった能年玲奈(のん)の主演映画「ホットロード」は後日放送を予定。

死後、再び高まっている「ショーケン人気」。今回の放送で新たなファンがさらに増えそうだ。