シバター「RIZIN勝利」に水を差す「審判タップ無視疑惑」と「HIROYAの言い訳」
RIZIN FIGHTING FEDERATION

 12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された「Yogibo presents RIZIN.26」。18時からフジテレビで放送されている同大会の第3試合に人気ユーチューバーのシバターが登場した。

シバターはTHE OUTSIDERにも出場した総合格闘家

 YouTubeチャンネル「PROWRESTLING SHIBATAR ZZ」でチャンネル登録者数112万人を抱えるシバターはTHE OUTSIDERやパンクラスに出場した経歴を持つ現役の総合格闘家。

 当日まで対戦相手が伏せられていた今回のRIZIN。シバターとマッチメイクされたのはWMFアマチュアムエタイ世界選手権ジュニア部門ピン級金メダリストとして知られるキックボクサー・HIROYAだった。

 シバターの応援に訪れたユーチューバー・ヒカルが「シバターさん勝ったら1000万円あげます」と約束したことで「1000万円争奪マッチ」に。

腕ひしぎ十字でHIROYAをとらえたシバター

 ヒカルとてんちむ、ヘラヘラ三銃士を従え「俺たち金持ちYouTuber」をテーマに入場したシバター。HIROYA有利と見られた対戦だったが、蓋を開ければシバターが大健闘。2ラウンドには飛びつき式腕ひしぎ十字固めでHIROYAをとらえ、あと一歩でKO勝利のシーンがあった。

 結果、勝負は引き分けとなったのだが、試合後に思わぬ展開が――

 2ラウンドの腕ひしぎ十字固めでHIROYAがタップしていたことが判明し、一転シバターの勝利となった。

ヒカルとてんちむに祝福されシバター“歓喜の咆哮”!

「審判はわざとタップを見逃している」「露骨な不正ジャッジ」

 この試合について「シバターの快挙に水を差す後味悪さが残りましたね」と語るのは試合をリアルタイムで見たスポーツライターだ。

「あきらかにHIROYAがタップし、シバターも『タップした!』とアピールしていたにもかかわらず、審判はタップをリアルタイム認めなかった。これにはネット上で違和感が噴出。『審判はわざとタップを見逃している』『露骨な不正ジャッジ』といった辛辣なコメントが散見されました」

 さらに敗者となったHIROYAのコメントにも批判が。

「HIROYA『腕十字ってどこが痛いんですか?』に『あまりにひどい言い訳』」

「試合後、HIROYAは『タップはしてない』と反論。『踏ん張りながら反対の手で殴ろうした』と主張しました。さらに『腕十字ってどこが痛いんですか?』と総合格闘技そのものの前提を疑うような発言をしたことで『あまりにひどい言い訳』『悔し紛れにしてもシバターに失礼』との声が相次いでいます」(同ライター)

 なんとも後味の悪い「大晦日の大番狂わせ」となった。

(長島純平)

Googleニュースで配信中
Re:GEINOUはGoogleニュースに記事を配信しています。フォローしていただくと、ブラウザ版、アプリ版のGoogleニュースから記事がご覧いただけます。