渡辺麻友が芸能界を電撃引退 理由は「身体の事を最優先に」
出典:渡辺麻友 公式インスタグラム

 6月1日、芸能事務所のプロダクション尾木が「渡辺麻友契約終了のお知らせ」と題して発表した渡辺麻友の芸能界引退。

近年は女優としても存在感を発揮

 2006年に第三期生として加入したAKB48では2017年の卒業まで中心メンバーとして活躍し、NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」での好演が評価されるなど近年は女優としても存在感を発揮するなかでの電撃引退となった。

引退理由は「健康上の理由」

 彼女の引退理由として発表されたのは「健康上の理由」。渡辺本人から「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」との申し入れがあったのだという。

5月31日付けでプロダクション尾木を退所

 同日、渡辺は自身のツイッターを更新。「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました」と報告し「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と関係者、ファンへの感謝を綴っている。

以下、事務所のコメント全文

渡辺麻友契約終了のお知らせ

入梅の候、皆さまにおかれましてはこのコロナ禍にありましてもお元気でお過ごしのことと存じます。
さてこの度、渡辺麻友より「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」という申し入れがございました。
数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、
本人の意思を尊重し2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました。
突然の発表となり長年に渡り応援してくださった皆さまには大変申し訳ございませんがこれまでのご支援には深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。
また今後の渡辺麻友についてですが芸能活動を終え、心身の回復を図り普通の生活に戻れるよう健康面を最優先させていただきたいので、
本人への取材や憶測でのSNS投稿、記事掲載などお控え頂けますよう伏してお願い申し上げます。
2020年6月1日
(株)プロダクション尾木