7月2日、テレビ朝日で行われた定例社長会見。出席した亀山慶二社長、西新取締役が「闇営業問題」で揺れる同局の人気番組「アメトーーク!」の今後についてコメントを発表した。

 問題に触れ「番組を応援している方にご心配かけ申し訳ない」と語った亀山社長は「現状では打ち切りは考えていません」と番組の継続を明言。

 今後、宮迫博之が出演を自粛する「アメトーーク!」について、西取締役は「番組名を変更することは考えていない」と、一部で噂されていた雨上がり決死隊・蛍原徹の単独MC体制による新番組「ホトトーーク!」実現の可能性を否定。

「引き続き蛍原さんにMCをお願いしつつ、毎週、ゲスト1人を蛍原さんの隣に置いて進行することも考えている」とゲストMCを採用する可能性を明かした。

 スポンサー離れによる打ち切りが囁かれていた「アメトーーク!」。番組ファンにとっては一安心の会見となった。