misono「島田紳助動画の後編」をアップしない「ズルい理由」!
出典:misono Official Blog Powered by Ameba

 1月13日、misonoの公式YouTubeチャンネル「misono ch」の動画「【神回】misonoの為に!?島田紳助さんが特別に出演して下さいました…〜復帰ではありません〜前編【ヘキサゴン】」でゲスト出演した島田紳助。

「紳助出演動画」前編が2日間で400万回を超える再生回数

 2011年8月に暴力団関係者との交際発覚を機に芸能界を引退して以来、8年半ぶりとなるメディアでの肉声披露となった。

 この動画は公開からわずか2日で400万回を超える再生回数を記録し、各局のワイドショーでも紳助の「復活」を取り上げるなど大反響。自身のYouTubeチャンネルに紳助を登場させたmisonoにも「いつ『後編』を配信するのか」と注目が集まっている。

 動画の公開翌日となる1月14日に「情報ライブ ミヤネ屋」に出演したmisonoは、前編と同タイミングで撮影されている「後編」について「(反響が)すごすぎるので、アップしないほうがいいんじゃないかと思い始めています」と語っているのだが――

「後編のアップを遅らせているmisonoの『ズルさ』」

「お蔵入りとなれば、せっかく出演してくれた紳助にも申し訳が立たないわけで『反響の大きさから公開を躊躇している』というのは方便ですよ。misonoの『ズルさ』から後編のアップを遅らせていると見るのが妥当ではないでしょうか」と指摘するのは芸能関係者だ。

 いったいmisonoの「ズルさ」とは。 

「チャンネル登録者数のさらなる増加が見込める」

「紳助動画の後編の配信を延ばすことによってチャンネル登録者数のさらなる増加が見込めるんです。実際に彼女自身もブログで『チャンネル登録者数も5万人で止まってたのに…島田紳助さんのおかげで1日で6万人になりました』と綴っている。後編のアップはもう少し先になると思いますよ」

「紳助動画」前編公開から2日でチャンネル登録者数が11万人を超えた「misono ch」。

 彼女に「YouTube撮ろうぜ」と持ちかけた紳助は、この大反響を見越していたに違いない。

(中村シュン)