太田光の「嫌いな俳優」は「ムロツヨシか佐藤二朗」で間違いなし?
出典:TBSラジオ「JUNK爆笑問題カーボーイ」

 テレビ朝日系「お願い!ランキング」内で水曜深夜0時50分から放送されている「太田松之丞 悩みに答えない毒舌相談室」。同局の弘中綾香アナの進行で、爆笑問題の太田光と講談師の神田松之丞が視聴者の相談をもとにトークを展開する人気コーナーだ。

「『嫌いな人』とどう付き合うべき?」

 12月4日放送の同コーナー「第17夜」で語られたのが「『嫌いな人』とどう付き合うべき?」とのテーマ。

「埼玉県 22歳 男性 斉藤銅山さん」から寄せられた「お二人とも人間関係の構築に非常に苦労していると思いますが、どのようにして人間関係を構築しているのですか?」との質問に松之丞は「最近、落語家の嫉妬が凄い」と吐露。太田は自身が「ジェラシーだらけ」だと明かした。

「小劇団のオモシロ担当の奴」

 さらに話題は「嫌いな芸能人」の話題に。「役者でも『バラエティノリいけますよ僕は』みたいな奴いますよね」と松之丞が振ると太田は「あれはウザいね」「あの小劇団のオモシロ担当の奴」と賛同した。

 その後、太田は「おれ、あいつ嫌いなんだよ」と「嫌いな俳優」の実名を明言。放送では口元に「俳優A」の文字が入り、音声も伏せられていたのだが――

「前後の流れから『「太田の嫌いな俳優」をほぼ絞ることができる』と放送後に話題になりましたね」と語るのは週刊誌記者だ。

「太田が指摘した『小劇団のオモシロ担当の奴』とは誰なのかという話ですが、最初に『大泉洋は面白い』と両者が語っているのでTEAM NACSの大泉は確実に違います。ほか『劇団イメージ』で思い浮かぶのは大人計画の阿部サダヲと荒川良々、カムカムミニキーナの八嶋智人あたりなのですが、彼らも違うのではないかと見られているんです」

「無理して能力以上のことを求められている俳優」

 その根拠は「松之丞の反応にある」と同記者。

「太田の出した実名について、松之丞は『思ったとこと違うとこきちゃった』と苦笑していて『劇団の所属ではないのでは』と推測できる。その後、松之丞が『無理して能力以上のことを求められている俳優さんも可愛そうですよね。バラエティ出てもね』とフォローしていることから何人かの役者が浮上するんですよ」

「『ムロツヨシか佐藤二朗』ということになる」

 一体、誰が浮上するのか。

「最有力はゲスト出演したバラエティで芸人顔負けのトークを披露しているムロツヨシ。彼はかつて『小劇団のオモシロ担当の奴』だったものの現在は劇団のイメージが薄れているため松之丞の反応とも合致する。あとはフジテレビ系『99人の壁』で司会を務める佐藤二朗も『無理して頑張っているイメージ』から大いにあり得る。ほか山田孝之の可能性も囁かれていますが、太田はNetflix配信作品『全裸監督』での山田の演技を大絶賛しているので違うでしょう。そうなると『ムロツヨシか佐藤二朗』ということになるんです」

果たして真相が明らかになる日はくるか。

(大倉さとみ)