石原さとみと深田恭子の「恋のキューピッド」は「あの“超大物有名社長”」だった!?

 このところ大物女優たちによる敏腕実業家との熱愛が注目を集めている。昨年4月にゾゾタウン・前澤友作社長との熱愛が判明した剛力彩芽をはじめ、5月には「週刊文春」でSHOWROOM株式会社・前田裕二社長との「石垣島デート」が報じられた石原さとみ、12月には深田恭子までもが“不動産業界の風雲児”と呼ばれるシーラホールディングス・杉本宏之会長との熱愛が報じられた。

 彼女たちの心を掴んだ相手はいずれも年間数百億円を動かす凄腕の実業家だが、交際に至ったきっかけには「ある共通点」があるという。

 これらの熱愛報道の背景について業界事情に詳しい芸能関係者が語る。「実は『石原と前田社長を結びつけた“恋のキューピッド”』と『深田と杉本会長を引き合わせた立役者』は共にあの“超大物有名社長”だと言われているんです。さらにその方はゾゾタウン・前澤社長とも非常に親しい関係にある。まさしく大物女優の熱愛を陰から見守るキーパーソンなんです」

 その人物について同関係者は「幻冬舎の見城徹社長です」と実名を明かし「見城氏は前澤氏、前田氏、杉本氏ら日本を代表する若手経営者たちの尊敬を一身に集めているだけでなく、かつて自社で出版した郷ひろみ『ダディ』をミリオンセラーにするなど、長年に渡り芸能界にも極めて太いパイプを持っている。見城氏の周囲には自然と凄腕実業家と大物女優が集まる環境になっているんですよ」と指摘する。

 実業家の交際が相次ぐ大物女優たち。次のカップルも見城氏の近くで生まれるかもしれない。

(川本みゆき)