たむらけんじへの「罵倒ツイート炎上」は「ラーメン店の思うツボ」!?
出典:たむらけんじ プロフィール|吉本興業株式会社

 芸人・たむらけんじに対するラーメン店の「罵倒ツイート」が波紋を広げている。1月22日、問題のラーメン店はツイッターで「先程『たむけん』さんが来店されました!」とツイートし、たむらと撮影した画像を公開。ここまでは良かったのだが「マイク、カメラなかったらおもろ無い奴でした」とたむらを罵倒する投稿を続けた。

 この投稿にたむらが気づいたのが2月4日。「えっ?嘘でしょ?気持ち良く写真も撮らせていただいたお店にこんな事言われる事あんの?ちょっとびっくりなんやけど」とツイートしたことからラーメン店のアカウントに非難が殺到しているのだ。

 ラーメン店の“大炎上”を受けてたむらは翌5日に「もう、やめましょう。僕に対するお言葉はこの後もありがたく頂戴しますが、向こうへのお言葉はもうやめましょう。皆さんの大切な時間を費やしてまでやる価値のない事です」とツイートし沈静化を図っているが、いまだ炎上が止む気配はない。

 ネット上ではたむらの“大人の対応”に称賛の声も上がっているが「たむらさんは宣伝に利用されてしまったと見るのが妥当だと思いますよ」と指摘するのは芸能ライターだ。

「炎上後、ラーメン店のアカウントが謝罪するどころか批判する人に対して挑発的なツイートを繰り返していることを見ても、元々たむらさんを利用して注目を集めようとしていたことは明らか。“炎上中のラーメン店”として物好きな客が来店することをアテにしているのだと思います。完全に思うツボですよ」(芸能ライター)

 何よりもたむらにとって気の毒な限りなのであった。
(中村シュン)