今年の漢字が「密」に決定 「芸能界の“密”」も選出理由に

 12月14日、京都市東山区の清水寺で森清範貫主の揮毫により発表された「今年の漢字」。2020年の世相を一字で表す「今年の漢字」は「密」に決定した。

コロナ禍を代表する「密」

 主催する日本漢字能力検定協会によると、新型コロナウイルスの蔓延により、新たに「3密」との言葉が生まれ、生活様式が「密」にならないよう国民が意識し続けたことが決め手に。

 全体で208025票の応募があり「密」が「禍」「病」「新」を抑えて28401票を獲得。

「芸能界の“密”」も選出理由に

 コロナ関連の漢字が上位を占めた「今年の漢字」だが、1位の「密」には「芸能界の“密”」も選出理由に。

 同協会は「芸能人の『密』会報道や薬物報道など、『ひそかに』という秘『密』の意味で使われることもあった一年」と発表。

 アンジャッシュ・渡部建の「多目的トイレ不倫」や伊勢谷友介の薬物逮捕など、芸能界のスキャンダルも反映された「今年の漢字」となった。

Googleニュースで配信中
Re:GEINOUはGoogleニュースに記事を配信しています。フォローしていただくと、ブラウザ版、アプリ版のGoogleニュースから記事がご覧いただけます。