「玄関前のクワガタ・カエル」に要注意! 被害続出「空き巣犯の最新手口」とは?

【あわせて読みたい】小林麻耶「イジメから守ってくれなかった飯尾社長」発言の衝撃! 所属事務所は「電撃契約解除」

 いまツイッター上で「空き巣犯の最新手口」が話題となっている。

 ターゲットとされたのが著名なトレーディングカード収集家。

トレカ収集家の周辺で空き巣が頻発

 ネット上で「遊戯王」トレカの収集家として知られていた人物は、11月9日に「空き巣事件、総被害額一億円以上 現金、金品、在庫、骨董品、コレクション全て盗まれました」とツイートし、空き巣被害に遭ったことを報告。

 さらに別のトレーディングカード収集家からも被害報告が頻発しているのだ。
 

クワガタムシやカエルを玄関前に置いて帰宅時間を特定

 こうした空き巣被害には「ある特徴」が指摘されている。

 全国紙記者が解説する。

「多くの被害者が事件以前に『玄関前にクワガタムシがいる』『カエルがいた』などと“不可解な出来事”を写真付きでツイートしているんです。あとから思えば、これらのクワガタやカエルは空き巣犯が『ターゲットとする人物の自宅や帰宅時間を特定する目的』で置いた可能性が極めて高い。ネットユーザーは、こうした手口にあらためて注意する必要があります」
 
 SNSの盲点を突いた空き巣犯の最新手口。いまこそプライバシー管理を見直す必要に迫られている。

(中村シュン)