小島瑠璃子「Tシャツとナマ足だけ」画像に指摘される「バナナマン愛」!
出典:小島瑠璃子 公式インスタグラム

 10月26日、小島瑠璃子が自身のインスタグラムで公開した「きわどい画像」が話題となっている。この日、小島は「バナナマンライブ」のグッズTシャツを着た写真をアップ。

「バナナマンライブ『S』グッズTシャツ。安心してください、履いてますよ。」とコメントした。

とにかく明るい安村のギャグを引用

 Tシャツ姿で路上の柱にもたれ掛かった何気ないこの写真。とにかく明るい安村の定番ギャグを引用した小島のコメント通り、Tシャツの下にはナマ足しか見えず何も履いていないように見えることから、彼女のサービス精神を称賛する声が続々寄せられているのだ。

 小島の投稿した画像について「ネット上では『あざとすぎる』といったネガティブな見方もありますが、我々の周囲では概ね好評ですね」と語るのはテレビ関係者だ。

「このところ『激ヤセ説』が囁かれていましたが、この写真を見るに以前より健康的に見える。彼女らしい魅力が現れていると思いますよ」

【写真を見る】15歳当時の小島瑠璃子「ホリプロスカウトキャラバンでグランプリ」の瞬間

「『きわどい画像』の背景に『こじるりのバナナマン愛』」

 さらに同関係者は「こじるりがこのTシャツを着て『きわどい画像』を撮ったことの背景に『バナナマン愛』を指摘する声も上がっているんですよ」と続ける。

 いったい小島の「バナナマン愛」とは。

「彼女はデビュー当時から『私のバラエティでの師匠はバナナマンさん』と語るほどバナナマンのふたりを慕ってきた。今回、こうしてインスタで注目を集める写真を載せたのは、こじるりの『バナナマンライブの告知』なのでしょう」
(同関係者)

 小島とバナナマンのちょっとイイ話なのであった。

(大倉さとみ)