「所さんの目がテン!」が“地上波初”受賞!環境省「グッドライフアワード」とは
所さんの目がテン!|日本テレビ

 1989年から日本テレビ系で放送されている所ジョージの冠番組「所さんの目がテン!」。「自由研究」をテーマとして、同局でも屈指の長寿番組となっている。

「所さんの目がテン!」が「第8回グッドライフアワード」を受賞

 そんな同番組が、環境省が主催する「第8回グッドライフアワード」で「実行委員会特別賞 環境アート&デザイン賞」を受賞。12月5日に表彰式が行われた。

竹内結子さんがナレーションを担当

 取り組みが評価されたのは今年4月まで竹内結子さんがナレーションを担当していた長期実験シリーズ企画「かがくの里」。様々な分野の科学者がアイデアを出し、茨城県の長年放置された荒れ地を開拓している。

 同賞の受賞は地上波テレビとして初。「グッドライフアワード」とはどのような賞なのか。

「環境と社会によい暮らし」を表彰

 環境省によると「グッドライフアワード」は「環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている『環境と社会によい暮らし』に関わる活動や取組」に対し表彰するプロジェクト。

「取組についての情報を発信することで、日本で暮らすひとり一人がライフスタイルを見直すきっかけになること」を目指しているという。

 12月6日と13日の放送回では、所ジョージが「かがくの里」を訪れる「収穫祭」の模様が放送される。

Googleニュースで配信中
Re:GEINOUはGoogleニュースに記事を配信しています。フォローしていただくと、ブラウザ版、アプリ版のGoogleニュースから記事がご覧いただけます。