小林麻耶「イジメから守ってくれなかった飯尾社長」発言の衝撃! 所属事務所は「電撃契約解除」
出典:小林麻耶オフィシャルブログ

【あわせて読みたい】オカルト!?小林麻耶の夫・國光吟氏の「遠隔施術YouTube動画」に「科学的根拠ゼロ」の指摘!

 フリーアナウンサー・小林麻耶を巡るドタバタに注目が集まっている。

「グッとラック!」生出演を欠席

 11月12日、小林は木曜レギュラーを務めていたTBS系情報番組「グッとラック!」の生出演を欠席。代役として元フジテレビアナウンサーの中村仁美がゲスト出演した。

 放送に先駆けて同日早朝、自身のYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」で夫の國光吟氏とともに生配信していた小林。

 唐突に満面の笑顔で「ご報告があります」と切り出した。

「ファッションコーナーのスタッフさんからイジメを受けていた」

「私、昨日午前中に突然番組の降板を言い渡されて、今日番組に出演できないことになりました。ファッションコーナーのスタッフさんからイジメを受けていまして、それに耐えられずに今週の火曜日に『ロケに行かない』っていう決断をしたんです」と笑顔を崩さず語った彼女。

【写真】満面の笑顔で“事務所批判”をまくし立てた小林麻耶

「イジメから守ってくださらなかった飯尾社長」

 さらには「イジメから守ってくださらなかった(所属先だった生島企画室の)飯尾社長。そして番組降板を突然言い渡し生出演させないという判断を下されましたマサキさん。ありがとうございました」と満面の笑顔で“事務所批判”まで口にした。

 同日昼には生島企画室が「弊社所属 小林麻耶 に関するお知らせ」と題したリリースを発表。

【全文】生島企画室「弊社所属 小林麻耶 に関するお知らせ」

「正常なマネジメント業務を行う事が困難」

「この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為、2020年11月12日をもちまして、弊社所属小林麻耶とのマネジメント契約を終了することと致しました」と契約終了に至ったことを明かしたのだ。

 今回の「番組欠席」「事務所批判」について「イジメだけでなく、小林にとって『絶対に許せないわだかまり』があったのでしょうね」と指摘するのはキー局関係者だ。

「10月29日放送の『グッとラック!』で立川志らくが『母親がいないのは不幸』と発言したことに小林は『私はそういう考えは嫌いです』と怒りをあらわにしていました。背景には小さい子供のいた妹・小林麻央を失ったという切実な過去がある。事務所に対しても以前から『守ってくれない』との思いを募らせていたのでしょう」

 今後の小林の動向を見守りたい。

(大倉さとみ)