アンジャッシュ・渡部建「“佐々木希へのDV”は絶対にない」と関係者
アンジャッシュ渡部建 公式インスタグラム

 6月9日、スポーツニッポンが報じたアンジャッシュ・渡部建の「番組出演の全面自粛」。

「視聴者が不快に思うようなスキャンダルを起こした」

「王様のブランチ」(TBS系)、フジテレビ「Love music」など多くの番組でレギュラーを持つ渡部だが、9日昼に放送された日本テレビ系「ヒルナンデス!」の生出演を最後に出演自粛に入るという。

 同紙デジタル版によると、渡部は「視聴者が不快に思うようなスキャンダルを起こした」ことにより「番組に迷惑を掛けたくない」と各局に出演の取りやめを申し出ているという。

妻・佐々木希を心配する声も

 この報道にネット上では活動自粛の理由を推し量るコメントが続出。渡部の妻で18年9月に第一子を出産した女優・佐々木希を心配する声も広がっている。

 なぜ渡部は「活動自粛」に追い込まれてしまったのか。

「“佐々木に対するDV”は絶対にありません」

「SNS上では、にわかに妻の佐々木への『DV(ドメスティックバイオレンス)疑惑』が囁かれていますが、彼女に近い関係者に確認したところ『“佐々木に対するDV”は絶対にありません』とのこと。実際のところ、活動自粛の背景にあるのは、近く発売される週刊誌で報じられる渡部の『不倫問題』のようです」と語るのは芸能誌デスクだ。
【あわせて読みたい】卑猥!?佐々木希が公開した「メロン画像」に「これ載せていいの?」の声!

「キックバック」も「神に誓ってない」

「また、食通で知られる渡部がメディアで『名店』としてオススメしている飲食店から“紹介料”を貰っているという『キックバック疑惑』もまことしやかにウワサされているものの、この件は私自身、渡部本人から『神に誓ってない』と聞いている。情報が錯綜していますが、女性問題で間違いないでしょう」(同デスク)

 渡部の動向を注視したい。

(大倉さとみ)