千秋が語った「ウリナリ時代」の「ビビアン・スーと不仲」の真相
出典:千秋 公式インスタグラム

 12月15日に日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」に出演したタレント・千秋の「告白」に注目が集まっている。

 同番組で彼女は幼少期や学生時代のエピソードを語るなか「自分のことをよく知らない人を好きになっても」と身近な男性を好きになりがちな“確率重視”の恋愛観を吐露。これまで語られる機会のなかった「リアルな千秋像」を明かした。

 なかでも驚きの声が上がっているのが彼女が芸能界での地位を確固たるものにした「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系)出演時のエピソード。

プロデューサーの言葉でビビアン・スーと疎遠に

 1996年4月から2002年3月まで放送され最高視聴率28.2%を記録した同番組で、音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のボーカルとして活躍していた千秋。共演者で番組内のライバルユニット「ブラックビスケッツ」のメンバーだったビビアン・スーとはプライベートでも親交があったという。

 そんななか、同番組プロデューサーから「ビビアンが千秋との関係で悩んでいる」「楽しいと思っているのは千秋だけかも」と伝えられた彼女は大ショック。以降、ビビアンから遊びの誘いがあっても信用できずに疎遠になっていたという。

現在は温泉に一緒に行く仲

 なんともショッキングな「不仲説」だが、実際は「番組を面白くしよう」としたプロデューサーによるデマだったことが同番組終了から約10年後に発覚。現在は温泉に一緒に行く仲だと明かした。

 近年、日本のテレビに出演しなくなったビビアンだが、彼女は2014年2月にシンガポールの海運業「馬可波羅海業(Marco Polo Marine Ltd)」のCEOであるショーン・リー氏と結婚。2015年8月にはシンガポールで男児を出産している。

 かつて「台湾の宮沢りえ」と呼ばれたビビアンが千秋の真相告白により再び脚光を浴びている。

(中村シュン)