剛力彩芽「破局激ヤセ」に関係者が「強制入院レベル」の指摘!
出典:剛力彩芽 公式インスタグラム

 2019年11月、かねてから交際していたゾゾタウン創業者・前澤友作氏との破局が報じられた女優の剛力彩芽。突然の破局後、前澤氏と剛力はともに「いい友人関係」をアピールをしているが、実際は「円満破局」ではないという。

 12月26日発売の「週刊文春」2020年1月2・9日号では「激ヤセ剛力彩芽は『私を信じてください』と泣いた」と題し、剛力の近況を報道。

「剛力は悩みぬいてすごく痩せてしまった」

 「前澤氏との破局のタイミングで、彼女は悩みぬいてすごく痩せてしまった」という剛力周辺の証言を掲載している。

 2018年春の熱愛発覚以降、ロシアで行われたサッカーワールドカップに前澤氏のプライベートジェットで訪れたほか、前澤氏が2023年に予定している「月旅行」にも同行が噂されるなど、“妻同然”だった剛力だけにショックは計り知れないようだ。

「世間でイロモノ扱い」に「もう取り返しがつかないのでは」

「破局について彼女は『仕事を取るか』『前澤さんを取るか』で悩んでいたと報じられていますが、実際はこの二択の悩みだけではなく、これまで過剰な“交際アピール”をしていたせいで『世間でイロモノ扱いになってしまったこと』や『女優としてオファーが激減してしまったこと』についても『もう取り返しがつかないのでは』と激しく悩んでいたんですよ」と明かすのは剛力をデビュー当時から知る芸能関係者だ。

 さらに「剛力本人としては『前澤氏との交際を続けつつ、女優業を活発化させる道』を粘り強く探っていた」のだという。
「順調交際」が報じられていた2018年7月の「段違いに健康的な剛力彩芽」

「『すぐにでも入院が必要なレベル』の痩せ方」

 そうして破局に至った剛力について同関係者は「つい先日、見かけましたが『激ヤセ』の一言で済ませてはいけないほど痩せ細っていた。何も食べられないほど憔悴している状況が窺えましたね」と語る。

「元々痩せ型の彼女ですが、昨秋からの急激な痩せっぷりを見るに『すぐにでも入院が必要なレベル』だと感じました。当然ながら本人も自覚しているはずで、事務所の方々も療養を強く勧めていると思うのですが……」

 2020年、剛力が心身ともに復調し、再び女優として活躍することを祈りたい。

(大倉さとみ)