5月10日に読売テレビの夕方のワイド番組「かんさい情報ネットten. 」で放送された内容がネット上で物議を醸している。問題となっているのは、同番組で放送された藤崎マーケットのロケ企画「迷ってナンボ!」の「大阪・夜の十三偏」だ。

 「迷ってナンボ!」は依頼を受けた藤崎マーケットが街中をリサーチするというシリーズ企画だが、この日の依頼は「男性か女性か分からない常連客の性別を聞いて」というお好み焼き店から寄せられたもの。

 藤崎マーケットが“性別の分からない一般人”に対し、あれやこれやの手で性別を聞き出す内容なのだが――

「『保険証を見せて』『純粋な男?』と失礼極まりない発言のオンパレード」

「見ていて率直に不愉快な内容でした」と語るのは関西在住の芸能ライターだ。「藤崎マーケットが仕事でやらされているのは重々承知ですが、一般人に対して強引に性別を聞き出そうとして『保険証を見せて』と頼んだり、挙げ句には胸を触ったりするなどありえない内容。『純粋な男?』と問いただすなど失礼極まりない発言のオンパレードでした」

 そんな同番組の“ありえないロケ”に激怒したのがレギュラーコメンテーターの若一光司氏。「個人のセクシャリティに、そういう形で踏み込むべきじゃない」と指摘し「どういう感覚ですか?報道番組としてちゃんと考えろよ」と発言。

「たとえご本人がテレビに出る事を了解してても、個人のセクシャリティに関してアプローチする事自体が、人権感覚、人権意識にもとります」と生放送中に怒りをあらわにした。

 この若一氏の怒りに前出の芸能ライターは「若一さんが怒ってくれてホッとしました」と語る。「むしろ若一さんの指摘がなければ大問題に発展しかねない最低すぎるロケでした。結果、怒られたことで番組としても助かったと思いますよ」

 生放送でもまっとうに怒ることができる、さすがの若一氏なのであった。