4月30日午後10時25分から5月1日午前0時30分にかけて、NHK総合にて“元号またぎ”で放送される「ゆく時代くる時代~平成最後の日スペシャル~」。爆笑問題がMCを務める同番組に事務所・タイタンの後輩のコンビ「まんじゅう大帝国」がスタジオ出演する。

 竹内一希と田中永真によるコンビ・まんじゅう大帝国の結成は2016年6月。3年足らずのキャリアにして平成から令和へと移行する歴史的な特番での大抜擢となった。同番組で彼らはNHKテレビクルーアプリで募集されている15秒動画「平成最後の日に○○してみた」をサポートするという。

 そんなまんじゅう大帝国と意外な有名人に関係が――「まんじゅう大帝国の竹内とシアトル・マリナーズなどで活躍した元プロ野球選手の“大魔神”佐々木主浩氏の間に繋がりがあるんですよ」とはお笑い関係者。

まんじゅう大帝国・竹内のチームメイトが佐々木主浩氏の息子

「竹内は学生時代に野球部に所属していたのですが、その時のチームメイトが佐々木主浩氏の息子さんなんです。竹内も佐々木氏の息子さんもピッチャーだったそうですが、エースは竹内のほう。そうしたことから「大魔神・佐々木」と竹内の間に面識があるんです」

 さらに「彼らは間違いなく令和時代のブレイク候補ですよ」と同関係者。「竹内はタイタンのマネージャー・八木順一朗が監督を務めた作品『実りゆく長野』で主役を務めました。この作品は先日、第3回『未完成映画予告編大賞』で堤幸彦賞を受賞したことで話題となっているんです。お笑いでも芝居でも注目株と言えるでしょう」

 令和でのブレイクに期待したい。