ホリエモン「発言切り取り批判」で桜田大臣「袋だたき」の風向きが変わる!?

 白血病との闘病を告白した池江璃花子に関する桜田義孝五輪担当相の発言が批判を集めている。2月12日、池江の発表について記者団に問われた桜田大臣は「本当にがっかりしている」「(オリンピックの)盛り上がりが若干下火にならないか心配している」などと発言。

 この発言が報じられた後、ネット上では桜田大臣に対する猛批判が殺到。13日の衆院予算委員会で「配慮を欠いた」として謝罪したものの、野党から辞任要求まで飛び出す事態となっている。

 各局のワイドショーや報道番組でも極めて批判的に取り上げられている桜田大臣の「がっかり発言」問題だが、この流れを変えるかもしれないツイートがホリエモンこと実業家の堀江貴文氏から発せられた。

 14日昼、自身のツイッターでニュース動画サイト「日テレNEWS24」のリンクとともに「マジでマスコミはくそ。」と投稿した堀江氏。リンク先では「『白血病』公表 桜田五輪担当相発言全文」が文字起こしされており、堀江氏は「マスコミによる発言の切り取り」を批判したと見られている。

 このツイートについて「桜田大臣が袋だたきにされている流れが一変するかもしれない」と語るのはニュースサイト編集者だ。

「堀江さん自身も『ライブドア事件』の際に自身の発言をマスコミに恣意的に切り取られ、悪意を持って報じられた経験があり、今回の『切り取り批判』には非常に説得力がある。たしかに桜田大臣は記者の質問に対して『早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちだ』と冒頭から語っていて、その後の言い方に問題があったにせよ『切り取り』との指摘も正しいでしょう。堀江さんのツイートを見て『がっかり発言』の全文を読んだ人たちがあらためてどう思うのか、注目しています」

 いずれにしても貴重な堀江氏の一言なのであった。

(中村シュン)