アンゴラ村長「Vチューバー・葉邑ゆう(ゆーはむ)」発覚に「自作自演説」急浮上!
出典:チャンネルゆーはむ - YouTube

「キングオブコント2017」で準優勝を果たしたお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長の「ブイチューバー転身」が発覚し、ネット上で話題となっている。発端となったのは2月11日に「にゃんこスター・アンゴラ村長が『Vチューバー転身』か」と題して配信されたNEWS ポストセブンの記事。

 同記事では、昨年7月に登場したゆーはむの愛称で活動しているVチューバー「葉邑ゆう」の“中の人”がアンゴラ村長であるという関係者の証言を紹介。アンゴラ村長と同様、ゆーはむの所属事務所がワタナベエンターテインメントであることや声やオーバーリアクションがアンゴラ村長そっくりだという“証拠”を挙げている。

 いまだチャンネル登録者数は5458人(2月11日夕方現在)とブレイクには遠いものの、正体が発覚したことでVチューバーとしてのブレイクが期待されるゆーはむことアンゴラ村長だが、今回の発覚について“ある憶測”が流れている。

「素性を隠してVチューバー・ゆーはむとして約半年活動してきたアンゴラ村長が行き詰まりを感じて『奥の手』に出たのではないでしょうか」と指摘するのはお笑い関係者。

「本当なら彼女が中の人とバレずにゆーはむとして人気者になる予定だったものの、半年続けてもなかなかチャンネル登録者も増えないので知り合いを通じて『メディアに情報をリークしてもらった可能性』が高いと芸人仲間らの間で囁かれています。いずれにせよテレビでは出番が減り続けているので、ネットに活路を見出すのは賢明な判断ですね」

 テレビでは「一発屋」にもなりきれていないアンゴラ村長。Vチューバーとしての大成なるか。

(中村シュン)