出典:小籔千豊(吉本新喜劇)(@koyabukazutoyo_shinkigeki) Instagram

 吉本新喜劇の座長を務める芸人にして、お笑いと音楽を融合させたイベント「コヤブソニック」を主催、近年はコメンテーターとしても引っ張りだこの売れっ子芸人・小藪一豊。多彩な活躍ぶりを見せ、芸能界でもとりわけ人情味あふれる人物として知られる小藪に「不仲説」が浮上している。

「先日も『FRIDAY』が書いていましたが、このところ小藪さんと坂上忍さんの間の『致命的な不仲』が業界内で話題になっているんですよ」と証言するのはお笑い関係者である。

 小藪といえば坂上がMCを務めるフジテレビ系「バイキング」のレギュラーを4年半務めた後、18年9月末に降板。その頃、AbemaTVの番組で「坂上さんが明らかに嫌な顔をしている」「(バイキングに出演していて)心が折れるときがある」と漏らしていたこともあり、不仲による降板説が浮上していたのだ。

 そんな小藪について「親しい芸人相手にも、決して坂上さんの悪口は口にしないんですよ」と同関係者。「何度も『ぶっちゃけ坂上さんのこと嫌いやろ?』と聞かれても決まって『そんなことないわ!』と返しているんです」と明かす。

「坂上さんが小藪さんを敬遠しているのでは」

 そうした小藪の反応から「最近では芸人の間でも両者の不仲説に関して『ある見方』が強まってきましたね」と同関係者。一体、どういった見方なのか。

「坂上さんだけが『バイキング』で予定調和の発言をしてくれなかった小藪さんを敬遠しているのでは、との見方です。小藪さんは坂上さんのことを嫌っているわけではなく、仮に今後、坂上さんが心変わりされることがあれば、両者の再共演もあり得るかと思いますよ」

 真相はいかに。

(大倉さとみ)