小山田騒動に何を思う…松本人志が明かした「障害者いじめ」の過去

 コーネリアスこと小山田圭吾の「いじめ記事問題」に日本中の怒りが集中している。

 7月14日、東京オリンピックとパラリンピックの開会式、閉会式の音楽を担当することが大会組織委員会から発表された小山田だが、過去に行っていた「悪質すぎるいじめ行為」に関する指摘が噴出した。

小山田圭吾の「いじめ自慢」に世間の怒りが爆発

「ロッキング・オン・ジャパン」1994年1月号と1995年8月発行の「クイック・ジャパン」第3号で、障害を持つ同級生に対するいじめを自慢気に語っていた小山田。

 これまでも一部では知られたエピソードだったが、今回の五輪開会式への参加に際し「同級生を全裸にさせて紐で縛る」「性的行為を強要する」「排泄物を食べさせる」といった目を覆いたくなるいじめ内容がネット上で拡散されるや、世間の怒りが爆発。

「パラリンピックにもっとも相応しくない人物」「いじめで済まされる話ではなく立派な犯罪」といった批判が殺到した。

 こうして同19日に五輪の作曲メンバーを辞任することになった小山田だが、その余波は収まりそうにない。

「木下優樹菜、阿部寛ら有名人の『いじめ告白』にも再注目」

「小山田の騒動がきっかけで、著名人が過去に語った『いじめ告白』に注目が集まっています」と語るのはスポーツ紙記者。

「木下優樹菜は5年前に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で『学生時代に“調子こきな女”を不登校に追い込んだ』ことを告白。阿部寛も自身の著者で『一時期本当に卑怯ないじめっこだったね』『必ずいじめるターゲットを見つけてたから』と過去を振り返っています。両者とも今回の騒動により、自らの口で反省を語らざるを得なくなるかもしれません」

 また、過去の「障害者いじめ」に関する懺悔を綴っているのがダウンタウンの松本人志だ。

松本人志が「障害者いじめ」をツイッターで懺悔

 2013年6月、自身のツイッターで「小学生の時。岡田って奴が居てね。足が悪くてね。片足引きずるように歩くの。オレ何度かイジメた事が有ってね」と告白した松本。

「でも子供って気まぐれで。いちど家に遊びにいったの。友達でもないくせに。。。そろそろ帰ろかなって思ってたら岡田のお母さんがパートから帰ってきてね。。。」と遊びに行った際の出来事を振り返った。

 さらに松本は「なにより。岡田がお母さんの前でオレと親友のふりしたのが切なくて。辛くて。。。オレ心の中で。岡田と。お母さんと。いろんなもんに何度もゴメンなさいって思って。。。」といじめた同級生とその母への懺悔の思いを明かしていた。

「これまでも松本はいじめ問題について『どこまで遡ればいいのか』『完全に被害者、加害者って言い切れるのかな』などと持論を語っている。足の悪い同級生をいじめた経験を持つ松本が、同じく『障害者いじめ』で非難轟々の小山田について果たして何を思うのか。『ワイドナショー』(フジテレビ系)での『本気のコメント』が待たれます」(同記者)

 今後の松本の発言を注視したい。

(大倉さとみ)

Googleニュースで配信中
GEINOUはGoogleニュースに記事を配信しています。フォローしていただくと、ブラウザ版、アプリ版のGoogleニュースから記事がご覧いただけます。