出典:カジサック KAJISAC - YouTube

 ユーチューバーの「カジサック」として活動するキングコング梶原の“大炎上”が長引いている。現在、揉めに揉めているのが2月2日に行われた「ホリエモン万博 チャンバラ合戦大運動会」を巡る騒動。このイベントで評論家・宇野常寛氏と共演したカジサックは宇野氏に対する“イジリ”を連発。これに激怒した宇野氏が退席する事態となったのだ。

 この事態について宇野氏は同日にツイッターで「失礼な態度で絡んできた人がいたので、途中で帰りました」と報告。「失礼なことされたときに『場の空気』とかに配慮して黙ってるからイジメはなくならない」と問題意識を表面した。

 さらに宇野氏は翌3日に「芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った。形式的な謝罪はあったけど『みんなが面白くなるためにした』と自己弁護を繰り返していた。彼の『みんな』に僕らはなぜか入らないようだった』とツイート。帰り際、カジサックに対して「お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた」と明かした。

 宇野氏の猛批判を受けながら沈黙を続けていたカジサックだが、ついに同6日に“反論リツイート”という形で反応した。

芸能ライターが解説する。「5日夜になってカジサックは大運動会の会場を訪れていた一般人による『現場動画』のツイートをリツイートしたのですが、この内容が宇野氏が現場でノリノリだったとする“カジサック擁護”のもの。「宇野常寛さん 一種目にここは戦場だったら蜂の巣だ!チャンスがあるだけ有難く思えって!!ずっとお互いに言葉攻めしてたやん。宇野さん。このノリからして大丈夫と思うやん。キレるとか半端ないって」との文字が添えられていて、宇野氏を揶揄する内容になっていました」

 カジサックとしては自身の正当性をリツイートで主張した形だが、この動画にも宇野氏は猛反論。6日朝に「僕の告発を根にもったカジサックとそのファンが、昨晩イベント当日の動画を自分たちに有利なように編集して拡散をはじめました」とツイートし「僕の側も悪いと印象操作することが狙い」「動画は前後を切りとられ、まるで僕が梶原のノリを喜んでいるかのような印象に編集されています」と指摘した。

 カジサックの反論リツイートにより炎上の度合いを増した今回の騒動。脳科学者の茂木健一郎氏が“宇野氏支持”を打ち出したほか、作家で投資家の山本一郎氏が宇野氏に対してツイッター上で「公開質問」を送るなど周囲から多大な関心を持たれているが、今後予測される新たな展開について前出の芸能ライターが語る。

「反論リツイートを行ったことから、カジサックは現在でも『仕事をこなしただけ』『自分に否はない』と思っているに違いありません。今後、カジサックとしては『イベントの一部始終を捉えた動画』を公開し、あらためて世間の判断を仰ぎたいと思っているはず。イベント運営側と折り合いが付けば『一部始終動画』の公開は間近だと思います」

 沈静化の兆しの見えないカジサックと宇野常寛氏による“イジリ退席騒動”。公平な判断のため「一部始終動画」を待ちたい。

(中村シュン)